カートを見る
お急ぎですか?
ハッピーカラフルーツ

果物詰め合わせ

御供えフルーツ

果物通販ギフトパークTOP > 果物詰め合わせ > お供え・法事 詰め合わせ

お供え果物詰め合わせ
黒籠盛り 御供え熨斗の名入れ承ります。



お盆のお供え特集


故人を偲ぶ仏事、法事、またお供えの果物盛り合わせをお届けします。

・お盆や法事、四十九日など大切な節目の法事。

出席したいけれど仕事や用事で出席できない…。
でもお供え物だけは届けたい。 そんなみなさまの想いにギフトパークは全力でお応えします。

お届け日指定、熨斗などのご要望も承っております。 また苦手な果物などできる限り対応いたしております。

ぜひお気軽にお申し付けください。






人気のお供えフルーツをご紹介
生花付き果物詰め合わせ「は」

生花付き詰め合わせ(は)
お供え用

お供え黒籠10000円

一周忌・○回忌のお供え果物
静岡マスクメロン入り

果物盛り籠「山」

葬儀お供え果物
盛り籠タイプ 豪華な造花付き

お供え黒籠5500円

【当日出荷可能】
仏壇のお供え果物中サイズ

花付き果物詰め合わせ「ろ」

【当日出荷可能】
造花付きお供え黒籠





















■仏壇 お供え

仏壇へのお供えは特に決まりはないですが、殺生に係わる肉類、魚類はお供え
しません。お供えは必ずお下がりをいただく事です。

食べ物を長時間お供えし、悪くなるようなことは、止めましょう。
果物などは、お供えした後、すぐに下げても構いません。
腐らせて捨てるなど食べ物を粗末にしてはいけません。
食べ物を大事にし、自然の恵みに感謝しましょう。

お墓などでも食べ物が供えられたまま放置されていますが、供えた後で、お下が
りとして持ち帰ってください。その場で食べるのも良いかと思います。

「供える」とは共に供する意味なので、お下げされたら、ご家族などで召し上がる
事で、尊い御供養になります。亡くなった方が生前、好きであった物をお供えして
あげれば、きっと喜ぶと思います。


お供えの果物は、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番喜
ばれます。ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、故人の
好きだった果物をお供えしましょう。

また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。


仏壇 お供えの熨斗について

法事やお仏壇の供える物でしたら黄白の水引が一般的です。
黒白はお葬式の時のみです。
寺院に挨拶に行かれる際のお供えでしたら、紅白の水引となります。
薄墨は葬儀の悲しみ、涙で墨が薄まった?という意味だそうです。
当店のお供えのしは黄白の水引となります。



仏壇のお供え果物におすすめ商品


当日出荷可能
お供え黒籠

【当日出荷可能】
仏壇のお供え果物中サイズ




当日出荷可能
お供え黒籠 造花付き

【当日出荷可能】
四十九日のお供え果物、造花付き




お供え黒籠

一周忌・○回忌のお供え果物、
静岡マスクメロン入り




お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(は)
お供え用


お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(ほ)
お供え用


お供え黒籠

仏花2束つき果物詰め合わせ(に)
お墓参りにも








■四十九日 お供え

四十九日の日数を数える時には、亡くなった日を含めて数えます。

亡くなってから七日目に行うのが「初七日」。
四十九日目に行うのが「四十九日」。
四十九日までの法要を追善法要と言い、四十九日目で忌明けとなります。

初七日以外の法要は遺族だけで供養するのが一般的です。
四十九日の法要は忌明けの日として親族・友人・知人たちも参列し、僧侶による
読経のあと、焼香や会食が行なわれます。

四十九日は忌明けになり、故人を供養するにあたって節目となります。
そのため、「納骨・納骨式」は四十九日に合わせて行なわれることが最も多く、仏
壇が無いお宅ではこの日までに新規に仏壇を準備し「開眼供養」は四十九日の
法要までに行なわれます。


お供え物について

僧侶が来て読経が終われば、御供えの生ものなど簡単なものはばらしてしまい、
「※お下がり」として来ていただいた人に分けて持って帰ってもらいます。
ですので御供の品は「分けられるもの」が良いのです。
ミカン・リンゴなどの果物でもいいし、おかき・三笠・ゴーフルなんていうお菓子でも
OKです。とにかく「分けられるもの」であることが大事です。

※お下がり【御下(が)り】神仏に供えたあと、下げた飲食物。

法要時のご供物は『菓子』と『果物の盛り合わせ』が一般的です。

四十九日の、のしについて
四十九日の法要以降からお金の表書きは御仏前です。
果物やお菓子などのお供え物は御供えとなります。
お供え物ののしの表書きは「御供」など。施主が御供えする場合は、のしの下段は
○○家となります。


お供えの果物は、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番喜ばれ
ます。ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、
故人の好きだった果物をお供えしましょう。

また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。



四十九日のお供え果物におすすめ商品


当日出荷可能
お供え黒籠

【当日出荷可能】
仏壇のお供え果物中サイズ


当日出荷可能
お供え黒籠 造花付き

【当日出荷可能】
四十九日のお供え果物、造花付き


お供え盛り籠

四十九日のお供え果物
盛り籠タイプ





お供え盛り籠 造花付き

四十九日のお供え果物 盛り籠タイプ
豪華な造花付き


お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(は)
お供え用


お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(ほ)
お供え用








■一周忌・○回忌 お供え

亡くなってからちょうど一年めの同月同日(祥月命日…しょうつきめいにち)
を「一周忌」と呼びます。四十九日までの法要を「追善法要」と言い、その後
一年ごとの法要を「年忌法要」と呼びます。

三回忌は亡くなられてから満2年に行う法要で一周忌の後に行います。
特に三回忌からは回忌という数え方になります。
数え方は○回忌=満(○ー1)年です。
七回忌も同じ数え方をし亡くなった年も含めて7年目、つまり亡くなった年に
「6」を足した年になります。

お供え物について

お供え物は一般的に、故人を偲ぶお供えとして供花。
故人が好きだった和・洋菓子や果物・良い香りのお線香などがあります。
お供え物は参列者で分けることが多いので品物を選ぶときに分けやすい
品物を選ぶほうがいいとされています。
お金の表書きは「御仏前」「御供物料」です。

一周忌までは、黒白又は双銀の水引、三回忌以降、青白、黄白となります
のでご注意ください。

お供え物(果物)ののしの表書きは「御供」など。施主が御供えする場合は、
のしの下段は○○家となります。

お供えの果物は、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番
喜ばれます。
ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、
故人の好きだった果物をお供えしましょう。

また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。



一周忌のお供え果物におすすめ商品


当日出荷可能
お供え黒籠 造花付き

【当日出荷可能】
一周忌・○回忌のお供え果物、造花付き


お供え黒籠

一周忌・○回忌のお供え果物、
静岡マスクメロン入り


お供え盛り籠

四十九日のお供え果物
盛り籠タイプ





お供え盛り籠

一周忌・○回忌のお供え果物 盛り籠タイプ 豪華な造花付き

お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(は)
お供え用


お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(ほ)
お供え用








■葬儀(葬式)お供え

葬儀の常識は様々。
葬儀、お葬式の知らせはいつも突然やってきます、お香典のマナー、
お焼香の作法、受付を頼まれた時のマナーなど、もしもの時に慌てないよう
にして下さい。

葬儀は冠婚葬祭に関する儀式の内で、最も厳粛かつ礼節を重んじる儀式です。

葬儀に際しては、遺族と悲しみを共にする気配りや振る舞いがなくてはなりま
せんが、それが為には服装の一つからご挨拶の言葉の端々にも、心から哀悼を
表す心配りが何よりも大切です。

こうしたことからお香典やお供物を持参するにも、自ずから厳粛かつ礼節を重んじ
たマナーが求められます。

葬儀の服装について

通夜までは近親者の服装は喪服に着替える必要はなく、地味な服装でよいかと
思います。
通夜の時、基本的には、ご遺族・ご親族の方は喪服を着用します。
弔問客の場合は、普段着でも遊び着や派手な色の服装でなければ大丈夫です。
女性は、結婚指輪以外アクセサリーをしない方がよいです。お化粧も控え目に。
髪型も普段のままでお悔やみに合ったスタイルが好ましいです。


香典について

香典は袱紗(ふくさ)に包んで持参し、式場では袱紗から取り出して受付係の方に向
けて差し出すのが一般的です。
遺族宅など受付のないところで行われる場合は霊前(佛前)に拝礼して直接お供えし
ます。(法要時も同様です)
葬儀の際には参列した日に持参しますが、通夜・葬儀とも参列する場合は通夜に持
参するのが一般的です。
香典を入れるのしの表書きや、のし袋そのものもが宗教によって異なり、もし先方の
宗教がわからない場合「御霊前」であれば、
たいていの宗教(の通夜・葬儀・告別式)に用いることができます。
例えば蓮の花の絵が入っているものは仏教にしか使えません。
また、御霊前は、通夜・告別式のいずれでも使えます。


お供物

葬儀・告別式では、弔慰金とは個別に献花(又は、供花=くげ)と言って、花輪や樒
(しきみ)及び生花をお供えしますが、式場の都合や故人の遺言、又は遺族の思い入
れなどにより、献花を辞退される場合もありますので、念のため先方に確かめてから
ご了解の下に献花を依頼するのが礼儀です。

また法要時ともに供物(くもつ)と言って、霊前(佛前)に干菓子や果物などを持
参してお供えしますが、この場合は出来るだけ日持ちのするものを贈るように心がける
のが礼儀ですが、生前に故人が好んで口にしたものをお供えするのも一考です。
その他にも、線香やローソクなどをお供えします。


供花・供物・香典の重複

葬儀・法要時にお供え物としての供花(くげ)や供物(くもつ)、及び弔慰金としての香
典を重複することは一向に差し支えありません。

供物に弔慰金をあわせて持参する場合は、供物の表書き(のし)を「御供物」・「御
供」とし、弔慰金の表書き(のし)を「御霊前」・「御香典」・「御仏前」
などと書き換えて、表書き(献辞)が重複しないように心がける必要があります。

お供えの果物は、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番喜ばれま
す。ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、
故人の好きだった果物をお供えしましょう。

また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。

御供えフルーツの盛り籠には、リボンがお付けできます。
ご注文が一番多いお色は「紫色」です。
3種類のリボンがあり、「黄色」「白黒」「紫色」。
お客様のお好みでお選びくださいませ。
各商品ページ内の買い物カゴ近くのプルダウン(選択欄)にてお選びいただけます。



葬儀のお供え果物におすすめ商品


お供え盛り籠

葬儀のお供え果物 盛り籠タイプ
小サイズ


お供え盛り籠

葬儀お供え果物 盛り籠タイプ
豪華な造花付き


お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(は)
お供え用





お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(ほ)
お供え用


お供え黒籠

仏花2束つき果物詰め合わせ(に)
お墓参りにも


お供え黒籠

仏花2束つき果物詰め合わせ(へ)
お墓参りにも








■初盆 果物

初盆(はつぼん)・新盆(にいぼん)とは、告別式を終え四十九日が過ぎてか
ら初めて迎えるお盆のことを言います。

四十九日よりも前にお盆が来た場合には、初盆の法要は翌年に行ないます。
遺族はもちろん親族、知人、友人などを招き、丁重に供養を行います。
初盆(新盆)には盆提灯を新調し、盆棚・精霊棚を設けて行うのが一般的です。

お盆の時期は地方によって異なりますが、7月13日からまたは8月13日から
4日間に行なわれます。
13日に迎え火を焚いてご先祖の霊をお迎えし、16日に送り火で送り出します。
お盆は忙しい時期にあたりますので、お寺への手配、初盆の案内状の作成など、
早めの準備を心がけた方が好ましいです。

初盆のお供え物の相場と品物

初盆・新盆のお供えとは、法要にお招きいただいた時にご供養の気持ちを込めて
持参 するものです。お香典としてお金をお包みするか、お供えとして品物を用意します。
地域により両方の場合もあります。

相場は3,000円〜10,000円程度の御仏前やお供物が一般的です。
地域性や故人とのご関係はもちろん、法要後にお食事が振舞われる場合はその分を考
慮して決めると良いでしょう。

品物は、故人の好きだったものや「お盆のお供え物 (五供)」を基本として、
贈答用のお線香・蝋燭・お花や、旬の果物・お菓子や日持ちもする乾麺や昆布・海苔
などの食品が一般的です。


お供えの果物の場合、丸い果物が良いとされていて、その中でも、スイカが一番喜ば
れます。ほかにも、メロンや桃、みかんなど、特に決まりはないので、
故人の好きだった果物をお供えしましょう。

また、丸い果物は切らずに、そのままお供えした方が良いとのことです。



初盆のお供え果物におすすめ商品


当日出荷可能
お供え黒籠

【当日出荷可能】
初盆のお供え果物 中サイズ


お供え黒籠

初盆のお供え果物
静岡マスクメロン入り


お供え盛り籠

葬儀のお供え果物 盛り籠タイプ
小サイズ





お供え盛り籠

初盆のお供え果物 盛り籠タイプ
豪華な造花付き


お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(は)
お供え用


お供え黒籠 生花付き

生花付き詰め合わせ(ほ)
お供え用






気になる中身の近日中の写真はこちら


9 件中 1-9 件表示 





9 件中 1-9 件表示